音声ブラウザをご利用のお客様向けのリンクです。
ナビゲーションをジャンプして本文へ


登録有形文化財
蘇る。華やぎと雅の新世界

お雛さま


写真:展示室

古雛 雛祭り期間のみ公開

享保雛

江戸中期、享保年間(1716〜1736年)流行したといわれるお雛さまです。
豪華で重々しい様子と能面のようで静かで神秘的な表情がかみ合わさって堂々とした気品のある姿が特徴です。町家などで多く飾られまだ段飾りになる前なので大型の内裏です。

写真:享保雛
写真:享保雛
写真:古今雛

古今雛

江戸時代の代表的な雛人形この様式は現在まで引き継がれています。
写実的なお顔は艶やかでまるで歌舞伎役者のような美しさです。

写真:次郎左右衛門雛

次郎左右衛門雛

京の人形師、雛屋次郎左右衛門がつくりだしたお人形で制作者の名前で呼ばれています。当初は上流階級の雛人形でしたが宝暦11年(1761年)に江戸に下がり日本橋室町に店を出して売り始めた愛らしさと清々しい美しさで江戸の人たちの人気を集めましたが寛永年間の末頃には衰えてきたようです。

現代雛 常時公開

相馬樓オリジナルのお雛さまです。

写真:現代雛